タンパク質発現・受託生産なら、ヒゲタ醤油株式会社 研究開発部の応用微生物事業をご検討ください。皆さまのご要望に応じ、受託発現・受託製造を承ります。

〒314-0407 茨城県神栖市波崎新港1-5

受付時間:8:20~16:40日曜、祝日を除く)※土曜不定休

お気軽にお問合せください

0479-40-3355

研究向け受託発現BreviMAX Standard

研究向け受託発現 BreviMAX Standard

最も実績の高い発現ツールを利用して、当社熟練者の技術と、長年培ったノウハウで、お客様の発現試験を代行します。

1つの目的遺伝子に対して、最大24通りの発現試験を行い、発現成功率を最大化します。BreviMAX Standardは、発現成功率 約80% という高い水準を維持しています。

市販の発現キット「BIC System」と組合わせれば、受託発現で得られた発現プラスミドをお客様の研究室内で利用可能なことも大きな特長です。

BreviMAX Standardを依頼する メリット

ワンランク上の高発現への近道1
- 発現 強弱の選択(SD配列) -

BIC Systemのページで「発現成功への近道」として、この2つが特に重要だとお話ししました。

発現モードの選択 

2. 分泌シグナルの選択 

ワンランク上の高発現を成功させる、次の1番目のポイントは、目的タンパク質に合うSD配列を見つけることです。

目的タンパク質とSD配列の相性によって生産量が増減することが知られていますが、その相性についての法則性は無く、実際に試験で試してみるしか無いのが現状です。

BreviMAX Standardでは、BIC Systemに含まれるSD配列(SD2(中))に加えて、2つのSD配列(SD1(弱)、SD3(強))の組合せを追加しています。

1つの目的遺伝子に対して、(分泌シグナル 4種類)×(SD配列 3種類)=12通り、更にHis-tag等の精製タグの有無を含め、最大24通りの発現試験を行います。

ワンランク上の高発現への近道2
- ブレビバチルスのプロに依頼 -

高発現を成功させる2番目のポイントは、ブレビバチルスを知り尽くしたプロに任せることです。

当社のラボでは、いつでもブレビバチルスの最適な実験ができる環境が整っています。

様々なノウハウを熟知したテクニシャンが、厳選した発現ツールで、お客様の発現試験を代行します。

ブレビバチルスのプロに任せることで、お客様は、発現試験の試行錯誤に費やす時間から解放され、もっと有益な研究に安心して集中することができます。

料金表

ここでは弊社サービスの料金についてご案内いたします。

基本料金表

基本料金

 

¥320,000

  納期:約3週間

オプション1   発現プラスミド提供

*選抜した高発現プラスミドを研究用限定で提供します

プラス

¥50,000

オプション2   フラスコスケールの培養試験

*選抜した菌株による培養試験(300ml)。培養上清を提供します

プラス

¥50,000

ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。